〜農業専門の婚活サイト「Raitai」を運営しております〜

農家の嫁のブログ〜農業の魅力を伝えたい!〜

農業専門の婚活サイト「Raitai」を運営している農家の嫁のブログです♪

とんがった人たち

変な人大好き!!

 

仙台に続き、翌週は福岡、山口へ農業専門の婚活サイト「Raitai」のPR活動で行って来ました!!

 

ここでは友達にも二人ほど会いましたので、まずはその二人のとんがった方々の紹介をします。

 

一人目は法政大学の人間環境学部の先輩でもあり、サークルも一緒だった、「畠山千春」さん

chiharuh.jp

今は福岡県糸島市(めっちゃ素敵なところだった!)に移住されました。

 

ご自身の著書も絶賛発売中!

www.amazon.co.jp

 

そう、彼女は女猟師さんなのです!

 

移住するまえから、鶏やイノシシ、シカなどの解体ワークショップを開催していました。

 

命の大切さを知る、とても素晴らしいワークショップです。

 

私も千葉で鶏を絞める会と、山梨でシカを捌く会に参加しましたが、本当に大勢の方が来ていて、大盛況なワークショップでした!

 

私も初めて鶏を絞めたときのことは忘れられません。

 

ちはるの本にも同じようなことが書いてあったけれど、

 

「生きるということは犠牲の上に成り立っているということ。」

 

これは私が農業研修に入って、初めて草取りをしたときに気づいた。

 

雑草だって同じ命なのに、なぜ雑草ばかりを殺ろさなければならないんだろう。

(最終的には野菜も殺すが)

 

その答えは 

 

「人間が生きるため」

 

そう、人間は都会暮らしになれてしまい、自分の「生」が「犠牲」の上に成り立っているということを感じにくいのだ。

 

しかし、一次産業に触れるとそのことをまざまざと見せつけられるのだ。

 

初めて入った田舎暮らしでは今まで知らなかったことがガンガン起こって、本当にカルチャーショックでした。

 

ちはるは今は前の会社もやめて、自分の「日々の生き方」がそのまま仕事になっている。

 

ブレないね!

 

私はいろいろな考え方に触れたり、壁にぶつかったりしていろいろ考え方が変わっていっているから、すごいと思う。

 

無理せず、マイペースでがんばってね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二人目は路上ライブで全国を旅して早5年の「前田修」さん

https://www.facebook.com/osam19840625

 

おさむとはこの前の10月に沖縄のゲストハウスに泊まっている時に出会った。

 

5年間路上ライブのみで生計を立て、日本のみならず世界を旅する、正真正銘の「旅人」さん。

 

夜は路上で歌って、昼は移動の電車などで寝るという生活をしているらしい。

 

「やろうと思えば誰でもできるよ」

 

彼はそう言うが、・・・いやいやいや!

 

あなただからこそできることです!

 

持ち歌は3000曲。

 

この人の歌声はなんか心に響くんだよなぁ。

 

人の想いを受け止め、歌に乗せることができる魔法使いみたい。

 

そんな彼だからこそ5年も続けられらんだろうな。

 

各地の美味しい物を食べたいからこの生活していると言っても過言ではないとのこと。

 

うーん、とんがってますねぇ。

 

こういうとんがってる人に会うと本当に勇気をもらえます!

 

今日はおさむの歌で締めます。


海の声(au cm)/浦ちゃん(桐谷健太) ギター弾き語り 歌詞あり