〜農業専門の婚活サイト「Raitai」を運営しております〜

農家の嫁のブログ〜農業の魅力を伝えたい!〜

農業専門の婚活サイト「Raitai」を運営している農家の嫁のブログです♪

短期農業体験ができる3つのサイト〜ボラバイト、農ホリ、WWOOFのススメ〜

ボラバイトとは

 

ボラバイトって知ってますか?

 

ボランティアとアルバイトを掛け合わせた造語です。

 

www.volubeit.com

 

基本住み込みで、農家で働かせてもらうシステムです。

日給は3000円〜5000円程度。

滞在費はタダ。食事は用意してくれるところもあれば、材料だけ提供してくれるところもあれば、食事費用を別でくれるので、自由に自炊するところなど、様々です。

 

受け入れ農家側はボラバイトに払う日給と、ボラバイトの宿泊代や食費、事務局に支払う手数料を合わせると普通にアルバイトを雇うくらいの出費になります。

なので、ボラバイター(働き手)にはボランティア気分で仕事をしてもらっては困ります。

ボラバイトだからといってきちんと仕事をしてもらうことが求められます。

 

私も一人で独立就農をする前に色々な農業が見たくて、山梨のもも、ぶどう農家に2ヶ月ほど住み込みでボラバイトしていたことがあります。

あ、あと軽井沢のペンションと伊豆の旅館なんかも行ってました!

なかなか体験できないことをできたし、仲間と生活も一緒にして働く楽しみは何にも代えがたい貴重な思い出になりました。

 

~ボラバイターの恋愛事情~

 

ボラバイトのサイトを見ているとよく見かける「香川県の観音寺」

農業が盛んな地域なんだなぁと記憶に刻まれていました。

地名もなんか印象的だし。

 

そして、私が農業専門の婚活サイトでクラウドファンディングをしていたときに、フェイスブック上で知り合った観音寺の方と、メッセージのやり取りをしていたのですが、「観音寺はよくボラバイトのサイトで見ていたので親しみを感じていました。農業が盛んなのですか?」

と聞いたところ、

農業盛んです。かくいう私もボラバイトで、この地に来て、ボラバイトの女の子と結婚しました(笑)まわりにも、ボラバイトから農家に嫁に行った子たちがたくさんいます。」

というご返信が!!

 

ほえー!!

面白い!!

バラバイト、そんな役目も担っていたとは!!

 

ちなみにこの方は観音寺の果樹園で働いていらっしゃいます。

 

1ヶ月単位の住み込みで田舎に滞在していて、そこでカップルになったという話はたまに耳にしていましたが、農業体験などの1週間足らずの期間ではカップルになる率は低いのかなと思いました。

 

やはり同じときを過ごせば過ごすほど相手のことを知るようになり、好きになることは多いですよね。

小学生のときに例外なく隣の席の男の子を好きになっていた私はすごくその気持ち、わかります(笑)

 

皆さんも恋が始まる予感がプンプンするボラバイト

1週間〜行けるところもありますので、是非どうぞ!

 

そんなに休みが取れないよ(;_;)という方は【農ホリ】無料農業体験 | はいかがでしょうか。

 

農ホリとは

 

農ホリは、農業に関心があり農作業を学びたい方と農作業を手伝ってもらいたい農家さんとのマッチングサービスです。農家さんにお手伝いに行き、食事や宿泊場所を提供してもらいます。

※交通費は自己負担、作業代金は発生しませんのでご了承ください。

 

 農ホリHPより引用

no-holi.strikingly.com

 

こちらはお金のやり取りは発生せず、農家さんから宿泊費や食事の提供をしてもらい、お手伝いさせてもらうものですが、土日のみなどの短期で農業体験をすることができます。

 

受け入れ農家側は一人受け入れをするごとに事務局に3000円支払います。

一度マッチングしてしまえばその後は双方のやりとりで再度お手伝いに行く場合は事務局を通さず、相対で約束をして大丈夫です!

 

 

 

そして次にご紹介するのが、農ホリと同じ仕組みだけど、ホスト(受け入れ元)がオーガニックの農家さんや環境に配慮している旅館のみの全世界規模のサイト、WWOOFです.

 

 

WWOOFとは

 私は今もWWOOFer(ウーファー)働き手として登録しています。

 

有機農家であるホストと、日本全国・世界各国のウーファーをつないでいます。WWOOFのサイトを通し様々な人と友達になり、その関係性を深化させ、オーガニック生活を知り、新しい知見を得て、価値観の多様性を感じ、自分を向上させていくものです。家族のような気持ちで、何をしたら相手が喜んでくれるかをお互いが念頭に置きながら一緒に短い間生活します。
ホストとウーファーはお金のやり取りはしません。「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換します。

WWOOF HP より引用

 

www.wwoofjapan.com

 

こちらもお金のやり取りは発生せず、農家さんから宿泊費や食事の提供をしてもらい、お手伝いさせてもらうものです。

2日程度からOKのホストもありますが、1週間〜のところが多いです。

 

そして、こちらは会員登録制です。ホスト側もウーファー側も1年間あたり5000円一括前払いです。

WWOOFのサイト上で直接ホストとメッセージのやりとりをして訪問日程を決めます。

 

私はWWOOFも、自分で農業を始める前に三重、岡山、千葉、埼玉の4箇所くらい行ってきました。

 

有機農業をやっている方は濃いぃ面白い方が多いので、それはそれは刺激的な体験でした!

異文化に触れてみたい方、オススメです。