〜農業専門の婚活サイト「Raitai」を運営しております〜

農家の嫁のブログ〜農業の魅力を伝えたい!〜

農業専門の婚活サイト「Raitai」を運営している農家の嫁のブログです♪

農家の嫁として従事するのも就農の一つ

昨日私が運営する農業専門の婚活サイト「Raitai ~恋の種まき~ 」が農業新聞に掲載されました!

 

f:id:oikonoukanoyome:20170316234023j:plain

 

特筆すべきは最後の一文。

 

「農家の嫁として従事するのも就農の一つ」

 

いいこと言うー!!

 

そうそう!

農業の求人イベントとかでRaitai としてブース出したいって言うと「え、、いや、、農業の求人なんで、、、」って断られるんだけど、女性が就農するのって並大抵じゃないですから!

男性だって大変で二の足踏む人が大半なのに。

「農家の嫁として従事するのも就農の一つ」ですよ!!!!

声を大にして言いたい。

農業新聞さんありがとうございます。

さすが〜!!

 

さてさて前置きは以上で。。

 

 

 

農家の嫁って意外と悪くない・・・!?

 

 今日はいかに農家を旦那にするのが良いかという話をしたいと思います。

かなり農家をひいきめに見て書いていますが、間違ってはいないと思います。

私は農家の嫁になって本当によかったと思っているので、その理由をご紹介します!

 

 

さぁ、皆さんも想像して見てください。

 

■もし自分の旦那がサラリーマンだったら■

肝心の子供を一緒に育てて欲しいときは仕事仕事で家にいなくて、いざ子供が巣立ち、お母さんが自由になったと思ったら大きい子供(旦那)が家で暇してるから付き合わないといけなくなる。

「暇だ〜やることねえ〜」で出かけるとお金がかかる。

しかも今まで子供を介して会話をしてたもんだから子供がいないと何を話していいかわからない。

共通の会話がないんです。

これ、結構よく聞く話ですよね。

 

■しかし旦那が農家だったら■

家(の横)で仕事をしているので、サラリーマンに比べると夜早くから家にいることが多く、子供をお風呂に入れるのは旦那の仕事。

お昼もだいたい家で食べるので、家にいることが多く、子育てにかなり関わることができます。

なんなら寝かしつけるのだって旦那ができちゃうご家庭もあります。

もしお嫁さんも農業をやっていたら仕事のはなしもできるので会話は尽きることはありません。

地域で生きているので共通の話題が多く、仕事以外でも話すことがたくさんあります。

うちの旦那の両親もとても仲が良く、いつも会話が弾んでいます。

そして定年がないので暇になることがありません。

定期的に決まった休みもないのでお金もかかりません。

注意)休みをとることはできます!

 

 

 

定年がないっていいと思いませんか?

うちの旦那のお母さんも、「年取ってからは農業やってたほうが良いと思ったから農業やることにした」と言ってました。

暇って結構辛いですよ。

特に日本人は真面目なので、何かしてないと(人に必要とされていないと)自分の存在価値がわからなくなります。

趣味がある人なら「定年したら趣味を思う存分やるんだ!」と目標にされてる方もいるかもしれませんが、農家だって定年(の年)になったら趣味の時間を増やすことはできます。

跡取りに経営移譲をして、仕事は手伝い程度にして、趣味に費やす時間を増やすなどもできます。

もう仕事したくなくて、早くに社長の座を譲ったけれど、すぐに「仕事をしない」ことに飽きて、仕事に戻ったという農家のお父さんの話を聞きました。

四六時中趣味に没頭したい人は稀だと思うので、年を取っても暇な時間を仕事に充てるということができます。

農業はいろんな仕事があるので、年をとってなかなか体がいうことが効かなくなってもできる仕事はあります。

一生暇にならない保証をします!

リアルに想像してみると良いと思います。

 

子育てのリアル

 

そして今は共働きの時代ですよね。

子供を育てながら正社員として働くって並大抵ではないですよね。

 

■自分がサラリーマンとして仕事を続けた場合■

「待機児童」

子供が1歳になる前に保育園に預けなければ待機児童になる確率が高くなるので、まだ体も本調子ではないし、子供も心配だけど半年で仕事に復帰しよう。

無事保育園に入れて仕事復帰できたはいいけどフルタイムで働きながら仕事育てるって大変!

でもせっかく入った会社を辞めてしまったら今以上の仕事にはなかなか就けないと思うし。。。

それに家計も苦しくなる。

家のローンがまだまだ残っているんだから私もがんばらないと!!

 

■農家に嫁いで農業を一緒にやっている場合■

一人目はまだ慣れてないから育休を1年半くらいいただこう。2人目はもう慣れてるから半年くらいで復帰できるかな!

都会ほど待機児童問題は深刻ではないけれど、実は田舎も保育園に入れるのは大変だったりするけれど、自営業の農家だと優先的に保育園に入れてくれたりするみたい。

注意)地域によります。

家は持ち家だし、食べる物も作ってるから出費がないんだよね〜

贅沢さえしなければ、私は子供をおぶりながらできる仕事だけをショートタイムでやるって選択肢もありかな!

何かあったら義理の両親がすぐ近くにいるから安心!

スーパーまで買い出しに行く時は義理のお母さんに預けてゆっくり買い物しちゃおう。

ついでにお母さんなにか買うものありますか?

 

 

子供を育てるとなったら農家のほうが都会で正社員として働くより楽なんじゃないかと思うのです。

「農家の嫁は休みがなく大変」

こんなイメージがあると思いますが、どちらにせよお母さん業に休みなんてないですよね。

むしろ協力者が多い方が楽なのではないでしょうか!?

 

やっぱり私は「農家の嫁」をオススメします!

 

農業専門の婚活サイトの登録はこちらから!!

Raitai ~恋の種まき~ - ホーム

3月中に登録の場合、月額登録料が無料で0円で1ヶ月ご利用できます!

 

この機会に是非ご利用くださいませ♪