〜農業専門の婚活サイト「Raitai」を運営しております〜

農家の嫁のブログ〜農業の魅力を伝えたい!〜

農業専門の婚活サイト「Raitai」を運営している農家の嫁のブログです♪

あー!悪い奴に生まれて、よかった!(ブルゾンちえみ風)

!?

 

前回のブログからもう1週間!

何もしてません。

ただ戦ってました。

 

それよりなにより!!

 

ついにRaitai内カップル誕生しましたー!!

 

おー!!

パチパチー!!

第一号♪

しかも宮崎の男性農家と千葉の女性!

地域活性に一役買ったかな♪

 

しかし、今日別の方からメールが

 

Raitaiで出会った彼と結婚に向けて前進中です!

とのことです!!

 

この方達は4月末に「運命の相手見つかったので、まだお相手と会っていない段階だけど退会します」と男女共に報告をくれた方達で、連絡がなかったので、「会ってみたらちょっと違ったのかな?」

「うまくいったら連絡しますと書いて会ったのでうまくいかなかったってことなのかな?こちらから連絡しないでおこう」と思っていましたが、おつきあいしてるじゃないですかー!!!

言ってくださいよ〜!!

 

というわけで2組カップル誕生してました!!

第0号の方達は山口県の農家男性と東京の女性です!

こちらも地方活性!!

 

お二組、本当におめでとうございます(^^)

 

最近あった嫌なこと達が薄れてゆきます。

(何度も言うけど嬉しい事と嫌な事は同じくらい起こりますからね。

いいことあればわるいことある、わるいことあればいいことある。)

 

 

さてさて、本題に入りますが、

 

仏教の教えで「悪人ほど救われる」というものがあります。

宗教勉強したいと思って読んでいた漫画に書いてあったのですが、これの意味がわかったようでわからなくて・・・。

 

先日の農コンのあと、お泊まりしてくれた女性達とこの話になったときに、(農コンの後になんつー話をw)

「人を殺す悪が100で日常で人を傷つけることが30だとしたら、人を殺した人の方が救われるってこと?」

と聞かれて返答ができませんでした。

 

先日ひょんなことから浄土真宗のお坊さんとお知り合いになりまして、こちらの件を教えていただきました。

 

「善悪とはその人その人や状況でまず違うということです。

例えば戦争は、殺し合いです。しかしお互いが善、正しいという立場で相手の命の奪います。仮に敵を殺そうとする仲間を止めた時どちらが悪か、人を殺さない人が悪になります。私たちの考える物差しは、その時々で変わってしまう。

同じ事をしても今日は許せても明日は許せない。

数字などで表す事自体が自分の都合で、殺す事も傷つける事も100と言う人もいるかもしれません。

 

また、善と善の間では争いが起こり悪と悪の間では争いが起こらないと言います。これは、善、自分が正しいと思うとそれに反する考えが悪になり衝突します。逆にお互いが悪、自分が悪いと思う考えのなかでは争いは起こりません。

相手に対する謝罪の気持ちが生まれるからです。

何を基準に物事を考えるかと言う事です。」

 

私はものすごく納得したのですが皆さんはどうでしょう?

 

つまり私なりに解釈をすると、

 

「自分は正しい(いいやつ)だ」

と思っている人は「他人のせいにする傾向がある」のですね。

だって自分悪くないんだもん。

そして争いを生みやすい。

こういう人けっこう多いです。

 

実際その人はいい人です。

だからこそ周りと軋轢を生みます。

 

自分よりいい人って、うっとおしいですよね。

自分のダメさ加減を突きつけられる感じがします。

だから、悪いもの同士、陰口を言っている方が楽なのです。

 

なので、いい人は、そういう人たちからの陰口を言われたり「いじめ」もしくは「いじり」の対象になります。

 

いい人はそれが納得できません。

自分はこんなにいい人なのに・・・と悪い人たちのせいにします。

 

また、

「なんでそんな悪い事して平気なの!?

信じられない。」

と悪い人たちのことを責めます。

 

じゃあ、質問です。(ブルゾンちえみ風)

あなたは人を傷つけた事ないんですか?

 

「悪気がなくて傷つけてしまった事はあると思います。」

 

悪気があって悪いことするのと、

悪気がなくて悪いことするの。

 

実は悪気がないほうが「悪い」んです。

なぜかというと自覚がないから改善のしようがない。

 

悪気があって悪いことするのにはきっと理由がありますよね。

そして原因がある。

その原因を取り除いてあげればいいし、反省しやすいです。

 

人は過ちをおかします。

完璧な人間なんて居ない。

人は人を傷つけて、迷惑をかけて歩んでいくものです。

 

人がした悪いこと、許しましょう。

だって、自分の過ち、許してほしいでしょ?

 

 

自分が悪いことしてないなんて思ったら大間違い。

程度の差はありますよ。

程よくいい人だと自分が(人って)悪いやつなんだってことに気づきにくいです。

 

私が悪い奴でよかったというのは、「自分が悪いって気づけたから」

それが極端すぎて自己否定がひどかったけど、それは「救い」のスタートラインに立てた証だったんだ。

 

まず自分はいい奴じゃないと認められること。

そして、じゃあどうすればいいかと考え、改善すること。

そして人を認めること。

 

人には人の正義があります。

人それぞれなのです。

 

救われるためのスタートラインに立つのに「RECO」がいい働きすると思うんですよ。

人と自分は違う。

他人が悪いんじゃなかった。

その人はその人の正義のもと、こういう行動に出ていたんだ。

 

これがわかれば、あとは訓練(瞑想など)です!

 

 

 

 

 

 

 

 

ひょえ、眠い。

支離滅裂ですがここで締めます。

おやすみなさい。

 

 

あ、あと最近思ったんだけど、

「気にする人ほど気にしない!!!!!」

電車でパソコンやってたら肘が隣の人に当たっちゃったの。

すっごいびっくりされたからすみませんって言ったんだけど、すさまじい狂気を感じて怖かった。

んでその人が立ち上がった時、当てられた部分を汚いものを落とすようにはらわれたんよね。

そんで、その人、エスカレーター割りこんで入っていった笑

当てられるの嫌なくせに当たりにいくんだなぁ〜

 

逆もしかりで、

「気にしない人は気にする」

要は人間ができてる、器が大きい人ってことですね〜

うちの旦那です。

こっちサイドになりたいものです。

 

私は(人にされたことは)気にするけど(人にすることは)気にしないタイプw

うん、やっぱ最低!笑

 

あからさまに私が悪いことしちゃったときはめっちゃ気にするけど。

寝れなくなるくらい落ち込みます。

 

要は、自分の悪い部分を自覚できてるかできてないかで雲泥の差があると思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

さすがに眠い。

 

おやすみなさい(^^)