〜農業専門の婚活サイト「Raitai」を運営しております〜

農家の嫁のブログ〜農業の魅力を伝えたい!〜

農業専門の婚活サイト「Raitai」を運営している農家の嫁のブログです♪

言い訳

 

告知

 

まずは告知から。

今年も手伝えると思って居なかったので、スルーしかけてたけど、今年もお手伝いさせていただけることになっていたようで慌ててシェア!

 

千葉県松戸市主催の「畑コン」

計5回農コンありますので、是非お越しください。

大人数でざっくりな会なので、ほっとかれるのが辛い、適当が受け入れられない方はちょっとツライかも。

 

私もフォローしますが、適当を楽しめるかた、どうぞお越しくださいませ。

直近は9月3日の開催。

9月24日もありますよん♪

 

東京からほど近い松戸でお待ちしております。

 

畑婚!~畑で婚活しませんか? |松戸市

 

お申し込みは私まで。

 

女子de畑からの結婚の学校体験スクール

 

前日の9月2日は女子de畑の後、結婚の学校体験スクール。

恋愛婚活に悩む人たちのために、なぜ悩んでしまうのかのロジックを明かします。

女子のみの会になりますので、3日の農コンと合わせてお申し込みください。

 

お申し込みはこちら。

 

農業系イベント - raitai-jyosidehatake ページ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言い訳

 

さて本題です。

 

自分がこんなに言い訳がましい人間だと思わなかった!

 

昨日は尊敬する経営者の方にお時間作っていただいて、お会いしてきました。

 

BOKURA(ぼくら)という変わったネーミングの会社の経営者の方で、BOKURA含め4つ会社を運営していらっしゃる、弱冠33歳にして超やり手!!

 

私がビジネスですっごく路頭に迷ったときにHELP!を出してかれこれ3ヶ月後にお会いすることができました。

当時は本当に悩んでいて迷っていて病んでいて大変だったのですが、その直後自分自身変われることができたので、もう特に迷いとかないと思っていたのですが、全くの勘違いだった!

 

この方の前で出てくるわ出てくるわ「言い訳」だの「弱音」だの「愚痴」?

 

自分本当はまだまだ全然ダメダメだっていうことに気づかされました。

 

「私って意外と受け身だな〜」

とか、

「ビジネスセンスないよな〜」

ってか

「ビジネスってなんやねーん!」

と思っていて、自分のダメさ具合には薄々気づきつつも見ないようにしてた。

 

この方につかせていただいて勉強させていただこう!くらいの甘い気持ちで思っていたけど答えは

「NO!」

 

ちゃんと自分で経営やりなさい。

とのこと。

うおぉぉぉ〜〜

まじか〜〜

側にいれば盗めると思ってたけどそれすらもダメか。

 

でもやさしさで言ってくれてることはわかっている。

 

私も一経営者。

ちゃんと自分の事業やりな。ってことです。

自分の事業うまく回すために勉強したかったけどする必要ないと。

とにかく自分の事業に向き合えと。

数字とにらめっこしろ。

自分の事業のPL、自分自身の将来の設計図をちゃんと書けと。

 

ごもっとも。

 

私には明確な目標がない。

 

私の生きる上での最大の目標は

「多くの人を幸せにしたい」

であるけれども、そのために具体的にどうしたいとか、収支の設計とかから逃げてた。

 

「並にやったら並のことしかできない」

やります!

今すぐに。

毎月の収支の計算とかしてないし(^^;

多分農家さんもしてない方が多いんじゃないかな。

これからは確定申告の時にまとめてするのではなく、毎月(いや、それは無理かも)

こまめにします!

 

どんなにいいことしてたって、どんなに多くの人を幸せにできたって、私に体力がなければ(お金を稼げなければ)もっと多くの人を幸せにすることができない。

 

苦手だから、忙しいからと言って逃げていることにきちんと向き合います。

自分の人生に向き合います。

 

ちょーーーーー反省した1日でした。

 

帰ってすぐにウォーキングしたしね。

運動は仕事のパフォーマンスを上げることわかってるのにしなかった。

逃げてた。

言い訳してた。

 

今日からします。

ウォーキング。

農家の仕事は体は動かすけど、疲労回復の動きではないんですよね。

そして痩せる動きでもない。

 

農業やると太ることもありますからね。

気をつけてくださいね!

 

体は使うから疲れる。だからたくさんご飯食べちゃうんだけど、意外と消費はしないから蓄積される。

 

というサイクルです。

お気をつけあれ。

 

 

 

農業女子プロジェクト

 

 

おとといは農林水産省が運営する「農業女子PJ」の活動に初めて参加してきました!

 

「40代〜の家庭菜園用のおしゃれな作業着」を作りたいから意見を聞かせてほしいとのことでした。

 

家庭菜園とガチ農業はちょっとどころか全然違うんだけどいいのかなぁと思いつつ言いたい放題言って来ました。

 

そこで気づいたこと。

 

「意外とみんな作業着こだわってる!」

ということ。

 

私は見た目とか本気でどうでもよくて、機能性と値段重視なので、まじダサい格好で仕事してます。

 

THE農家のおばちゃんな小花柄の麦わら帽

やけーぬ(鼻から下を覆うマスク)

半袖Tシャツ

うでぬき(アームカバー)

もんぺ(おしゃれな)

長靴にもんぺをアウト!(ブーツインならぬブーツアウト)

 

仕事の時の格好ってけっこうどうでもいい。

作業用に服ってほぼ買ったことないし、中学の時のバスケ部のTシャツ着てると言ったら他の農業女子にドン引きされました(笑)

 

でも都内を歩く格好には気を使います。

きちんとお化粧もするし、小綺麗な格好をして出かけます。

 

でも他の農業女子は作業着で来てた!

 

作業着は気にしないけど、お出かけ着は気にする私。

作業着もきちんとした格好で汚れとかも気にするし、それで外出もする女子。

 

色々だなぁ〜。

 

でもみんなの共通点は機能性は追求している!

 

旦那も農作業着に対しては色々注文があるらしく。

 

誰かガチ農業者の為の夢の作業着を作ってあげてください〜!笑

 

私は相変わらずお古を来て仕事しますけど。

作業着をかっこよくするために回すお金は私にはない!

 

周りの目とかどーでもいー。

 

田舎は出る杭は打たれるけど、はねかえそう。

もったいない!

 

あなたも自分の人生にとことん向き合って見てくださいね。

私もしますから。

一緒にがんばりましょう!

 

 

 

 

すぐに動き出せる人間になる為にこの動画が結構おもしろかったのでシェア。

というかこの外人の流暢な日本語が気になる。。

もともと日本に居た人なのかな?

それにしては英語上手すぎだし、スーパーサイヤ人もしらない模様。

謎が深まるばかり。

 

https://m.youtube.com/watch?v=Ro7ELo7hJ14&feature=youtu.be